無料で情報が得られるのに読書って必要?

現代はググれば大抵の内容は手に入る

本の必要性はあるのか?

って事で無料情報と本で得られる情報の差別化してく

無料情報の良さ

手軽にささっと見れる、購入手続きなし

知りたい情報をピンポイントで選べる

良くない点

無料情報は信憑性が乏しい

そこには匿名だとか誰からも審査を受けてなく、好き勝手いい加減に書き込める

読書の特徴

売れてる本はある程度のクオリティーが保証される

お金を払うので興味ない話題でも食いついて知らない世界を知る事が出来る

逆に言えば中身がないけど無駄に時間をかけてしまったりもする

個人的な意見だけど読む事に満足してると知識のコレクションばかりで行動がなおざりになったりも

完全に無駄な読書はないと思う

ただ、不安を煽るような文章で悪影響受けたり、ただ単に実になってない読書を重ねても目的がなければ何処にも行き着かなかったり

それに良本って少なくて自分のレベルに合って尚且つ良本に巡り会えたら感動する

読書に慣れるとカテゴリーが偏って、似たり寄ったりな読まなくて良い箇所が増えくる

結果飛ばし読みが増えてるだけなのに以前より読書量が増えたと錯覚して肝心な学びが少なかったりする

頑張って読んで満足して終わらせてると何もしないで内容は忘れてく

その時の熱量は長続きしないから本読むと燃え尽きてる

すぐに行動に移したいならちゃちゃっと検索かけて必要な内容をピンポイントで抜き出せる無料情報に軍配が上がる

複雑で難しい問題はその分野で定評がある著者から本を探して勉強するのが良いと思う

つぶやくネタがない、そんな時リツイートしてフォロワーを増やそう

ツイッターどうせやるならフォロワー増やして影響力高めたくないですか?

 

適当にどうでも良い事つぶやいても有名人じゃない限りはフォロワー離れてくだけだし、有益な情報も面白く興味持ってもらえるように伝えるにはなんだかいい形に出来そうにもない

 

インフルエンサー目指してるんだけど作業も結果も出せてない

 

そんな感覚が続くと嫌になってきませんか?

 

  • つぶやくネタがない
  • 質を良くしたい
  • 量を増やしたい

 

そんな人でも気楽にフォロワーを増やせます

 

僕はこの方法で毎日フォロワーが増えてます

 

 

リツイートを活用しよう!

 

リツイートしてますか?

 

人の文章だしなぁって方

 

いいえ、誰がつぶやいたかは関係ありません

 

自分のブログに誘導したいとかだと話は別ですが、フォロワーが見てるのは発信の中身です

 

こんな良いつぶやきがあるんだ!

 

というつぶやきを広める事でこの人をフォローすると良いつぶやきが流れてくると意外にもフォロワーが増えてます

 

自分で下手なツイートするとフォロワーが上下して、フォロワーが減ってしまったりなんてのも日常的です

 

そこには自分は客観視しづらいという落とし穴があります

 

ただ、人のツイートをリツイートする時は客観的です

 

少なくともこれを広めたい!という利害関係なしに自分という一人の人間が良いと思った選ばれし内容を確実に届けられます

 

それって自分のつぶやきの質は上がらないんじゃないの?

 

確かに人のつぶやきを流すだけではいざ自らつぶやいた時に経験が追い付いて来ないかもしれません

 

それでも観察には意味があります

 

質の良いツイートを意識して厳選してく内に良いツイートが分かってきます

 

気分が向いたらそのツイートを参考にして自分のツイートも挟んでみて下さい

 

質の良いツイートに囲まれて自分のツイートを挟むにはそれなりの覚悟がいります

 

そういう意味で良いツイートを心掛ける意識が芽生えるのではないでしょうか?

 

リツイートでフォロワーを増やす

 

リツイートと言っても内容を選んでフォロワーの好みに合ったつぶやきでないと結果は得られません

 

まずはフォロワーをざっと眺めてみます

 

そこでどんな人にフォローされてるのが大体分かるでしょう

 

そしたらそのジャンルで影響力持ってるユーザーをフォローするなりして質の高いつぶやきを集めましょう

 

上手くいけばフォロワーからリツイートに対していいねやコメントなど反応があれば通知が届きます

 

どのようなつぶやきにフォロワーから反応があるのか研究してフォロワーのニーズを満たすとフォロワーが増えてくでしょう

行く場所ないなら神社行くメリット5つ

神社行ってるかい?

東京は何かと神社多いから1時間位歩けば散歩の景色にマンネリしない

どれだけビルが立ち並んでいても普通にあるからね

コンビニ、スーパー、神社とこれくらい目にしてる気がするんだけど日常に神社取り入れるのも無理もない

実際は食材の殆どはヤマトとマミーが済ませてくれるので僕の日常は神社からの神社、またよく会うな神社

って感じなのだ

神社の良さを語ってく

謙虚になる

神社は言うまでもなく神聖な感じがする

どこまでも、ヒ◯キンほどの財力を持ってしてもなお神を相手にすれば畏るだろう

大きくなって久しくファミレス行って小さく感じる皿のサイズに感じる寂しさ

みたいにはならない絶対的上下関係

神の上に僕はとてもとても。。すみません

なのだ

散歩の口実、財布にも優しい

インドアにとって出かける理由は重要

どこ行こっかな?

博物館?美術館?それとも水族館?

けどお金かかるからいいや

そこで井之頭公園とくる

電車面倒だしカップルいるからいいや

この鉄壁の守りを崩す一言

俺を動かしたい?神社参拝しよっか

歩けば近場に何かとあるしリア充もいない

仕方ねぇな!

そしてなんの躊躇もなく家を出れる

地味に運動になる

神社行くにしてもまだ見ぬ神社が見たい

そして移動距離が日に日に伸びてる気がするのだがこれがなかなか

電車使うには必要もなく感じる距離感

歩いてたらめずらしい景色に無駄にフラフラしたり気付いたら四半日あるいてたりする

足裏痺れる

心洗われる

神社に行くと感謝を欠かさずしている

心理学的に考えたら自分が既に持ってると認識した方が良い

神を目の前にして隠し事なく躊躇なく感謝する

これは僕のメンタルをとても健全に保ってくれている

ありがとう

思わぬ出会いも

どう言う訳か神社には時々神社の妖精を見かける

ニャーー🐱

はっ!?かっ、かわいい!!!????

瞬時に悩殺される魅惑の可愛さを誇る毛玉

地味に長めな散歩にやや疲労気味のメンタルと足裏が持ち直す

孤独に生きた男が孤独の良さを7つ語る

孤独について語るのは孤独を自負し孤独に生きる男、ピロシキである

彼の人生とは幼稚園時代には自我の芽生え始める頃には親の事情で海外の田舎町へ

そして見知らぬ言語、見知らぬ文化を前に

それよりここのアニメ面白くね?

幼稚園を放棄してゲラゲラとテレビに釘付けで、飽きたらすぐそばの川で小魚を追いかけ回していた

そんなこんなで俺の第二の人生が始まった所で日本に戻った

小学校入学を控えて

少し以前より場所を移動して引っ越した為、周囲にはなんだチミはって感じである

けれども小学生というのは何かと人と絡むもんである

それでも俺はずっと胸の内に秘めた海外バケーションブランク抱えていた

分かんねぇだろうなと何処かで周囲と一歩引いてマウンティングしてる嫌なやつだったのだ

そんな感じで中学では周りがロボットに見えると不登校

親の逆鱗に触れて従兄弟のいる地方へ数年バケーション

そこでは学校に行っていたし教師も生徒もみんないい奴だった

しかしこれ以上世話になるのはと親の都合でまた戻る

卒業を控えてまたもや方向性の違いを感じ、不登校

親の逆鱗にry

気付けば施設でアルバイト生活をしていた

自立しろ

これが俺に与えられしミッション

施設の職員やそこにいた同居人もみんないい人だった

一年バイトして方向性の違いを感じてry

気付けば俺は家にいた

思い返せば孤独な人生を歩んで来た

なので孤独の良さを広めたい!

以下から本題

邪魔されない

孤独な人間に最低限以上時間を奪う存在はない

読みたい本、見たい映画、アニメ、行きたい場所

これらは自由自在だ(金があれば)

自分磨きになる

孤独こそが人を成長させる

勉強や趣味の本質は1人だ
(分からない所は教え合う方が効率良いけど知らない、本読んどけ)

傷付かない

どれだけ変わった事してても知らなければ誰も口出し出来ない

摩擦がないので何事もスムーズに

誰も止められない(法律以外は)

また、理不尽に機嫌の悪い友人からのとばっちりを受ける機会もない

平穏

こんにちはお花さん!

こんにちはハトさん!

アハ!アハハハハハハ!

お金かからない

服欲しいな→誰に見せんだよ、同じのルーティンしよ

食事したい→入りづらい

ディズニー→ くぁwせdrftgyふじこlp

こんなんで安定した収益あればまず金欠にならない

俺かっこいい

一匹オオカミカッコよくね?(ただしイケメンに限る)

風に吹かれると井上スイッチ入る

実はそこまで孤独じゃない

寂しいよおおおおおおお!!!

1人にしないでええええええ!!!!

そんな時はましゃのイケボが囁きかけてくる

暇すぎ、そんな時はハガキ職人が笑わせてくれる

吐き出したい、そんな時はツイッターで病みツイしてフォロワー減る

これはやめとこ

孤独なようで誰かに支えられて生きてる

感謝だけは忘れないで人間社会には溶け込んでるつもり

筋トレしないでマッチョを目指す

筋トレしたくない

だってめんどくさいんだもの

筋肉増強って一度壊すんだよね?

おっかねぇ

そんなおいらはもやしです

けどマッチョなりてぇ

そんなんで面白い情報を思い出した

実際にトレーニングするのとイメージトレーニングは同じ筋肉量になる

これマジ?w

範馬刃牙シャドーボクシングじゃないですか

仮想の敵を思い浮かべて自ら吹っ飛ばされたり怪我を作ったりするっていう

まぁ、そんなギャグ漫画は置いといて

人間の不思議でお湯が入ってると錯覚した常温のヤカン渡すと本当に火傷してしまうんだとか思い込みが強いとそういう事にもなるんです

そこで閃いた

ピロシキ流妄想トレーニン

おいらが身に纏う服や触れるあらゆるものはグラビティを纏い、服やバッグ、靴など一つ一つに10kgもの負荷がかかる(漫画でそういうの見たような)

そして両手には20kgの鉄球を握り、今にも服をはちきりそうな位の筋肉がシャツを圧迫している

なんか不思議と動きに重厚感出てきて楽しくなって来た

この状態で散歩する

レーニングの感想

もちろんもやしのおいらは悲鳴をあげると思うだろう?

そこがね、君は分かってない

ハンターハンターの幼女姿のビスケのように溢れんばかりの肉体美を隠して力を抑えているんだ

本来の10%も使うまでもなくこのトレーニングを楽々とこなす

地面をずしずしと蹴り、念で作られた透明な鉄球をブンブンと振り回しながらゴリラは歩く

今気付いてしまった

俺最強の生物だった

範馬勇次郎の如く一国の軍隊の脅威となる力を持て余して平和ボケした現代に本来の自分を忘れかけてた

片手で戦車をなぎ倒してミサイルも風圧で弾き返す

全体の筋肉は銃弾を通さず、怯みもせずひと睨みしただけで恐れおののいて誰もが逃げ帰る

しかし運が良い

俺は争いが好きじゃない

結論、なんか力がみなぎって元気になる

筋肉つきそうだから続けてみる

笑いを磨きたいので漫才から笑いを学ぶ

お笑いについて考えてみた

 

笑って何だろう?

 

人はなんで笑うんだろう

 

そのメカニズムを説明した心理学の本とか見た事ない

 

お笑い芸人ってどうやって人を笑わせてるの?教えろよ?

 

そこでkindle unlimitedより丁度良い本があった

 

しゃべくり漫才入門 ボケと突っ込みの基本

 

しゃべくり漫才とは話芸のみで行うシンプルな漫才

 

いや、シンプル故にどう笑いを生み出すのか気になる所!

 

早速ですが内容はと言うと作り出す側の視点って感じw

 

その中から気になった点を筆者の着色を加えて説明してみる

 

興味ないものに注目する

お笑い芸人って視点が独特

 

こういうとこ気になるのかwっていう常識とかけ離れた事してるから面白い

 

当たり前を当たり前にしてても面白くない

 

知らない言葉は調べろ

お笑い芸人って話術を操るだけあって言葉も流暢に使う

 

爆笑問題の太田さんは常に国語辞典を持ち歩いてるそう(スマホで良いようなw)

 

言葉が多いと何となくもしっかりと細かく説明できそうで考えの幅も広がりそう

 

知識は浅く広く抜け目なく

明石家さんまさんはよく司会者を務めてるが数々の専門家や変わり者を相手しても切れ目なく何かと面白い返しをして笑いを生み出してる

 

あれはマネできるレベルとは言えないけど何か話題を振られた時に空っぽで何も反応できないのは一番良くない

 

少しでも引っ掛かるものがあれば自分のペースに持ち込めそう

 

ナインティナインの岡村さんは楽屋に常に新聞や雑誌が置いてあるそう

 

ギャップを作れ

 

緊張と緩和、聞きません?

 

真面目そうな坊主がバナナの皮で転ぶ

 

怖いお兄さんの携帯からくまモンの着信音が

 

このように真逆の要素を掛け合わせると面白いが生まれる

 

言葉遊び

 

言葉遊びってなかなか深いんだな

 

例えば、嫁を下さい

 

これの言い換えを一緒に考えてみよう

 

・30点の嫁下さい

・一生嫁を困らせます

・嫁よこせ

 

何かに例える

 

どうしようもない状態→ブスのリバーシブル

 

焼肉に飛びつく人→解き放たれた肉食獣

 

人の痣を見て→北海道みたいな形だね

 

ツッコミにも種類が

 

ツッコミは日本独特の文化なのかな?

 

相方のボケに現実的な解説をするような形とでも言ってもそんな単純でもない

 

ボケに便乗しつつツッこむボケツッコミや、無視して次に移らせるとか全力でツッこんだりツッコミにもボケを混ぜて印象を持たせる形もある

 

最後に

笑いの研究はまだまだこんなもんじゃない

 

何とか要点をまとめてうまく説明しようとしたが予想以上に全容を伝えるには素人には難しすぎた

 

これは是非本書を読んで笑いを知って欲しい

孤高の潮干狩りin葛西臨海公園

東京に住んでる人にはお勧めしたい都会のオアシスである葛西臨海公園

 

都心からでも1時間でアクセス出来る手軽さは素晴らしい

 

意外と知らない人いるのかな?

 

緑が広がっていて、っていうか海が広がってる

 

こんな何ともないようで東京出身としては殆ど縁のない何もないけど何でもあるネイチャーで気が高まるスポットでもある

 

4月から6月まで潮干狩りシーズンなので無料で入れる事もあり、さっそく潮干狩りしに行った

 

写真ねーじゃん!!!!!!!!!!

 

物凄くうっかりしてて写真撮ってなかった

 

あればもう少しイメージ沸いたんだろうな

 

って事で人の動画を引用しとく(こっちのがまんま分かりやすいね


パークトレインとクリスタルビュー【葛西臨海公園に行こう1】

近くに遊園地や水族館あって、バードウォッチングも出来るし歩いてるだけでも広大な敷地は楽しくて曲芸やってる人もしょっちゅう見かけるので遊びに飽きる事はない

 

潮干狩りの必須事項

 

潮干狩りのタイミング

潮干狩り行くにしても相手は自然だ

 

潮が引く時期や気温、貝毒のリスクを考えると4月〜6月の間が良い

 

また、貝は潮が引いた時、干潮を狙って前後2時間計4時間程が潮干狩りファイトの時間になる

 

モーセの如く海を切り裂けるスキルのない凡人は事前にその日の潮見表から干潮時間を調べて行動しよう

 

潮干狩りに必要な道具

 

貝を入れるネットに手を傷つけない軍手があるとなお良い

 

素手でも取れない事もないが熊手で軽く引っ掻いてサーチした方が効率が良い

 

マテ貝を狙うならスコップに一キロ位塩をドレッッシングの容器にでも詰めて用意しておく

(葛西臨海公園とかマテ貝は全く取れない場所とかあるので事前に調べた方が良い)

 

マテ貝の取り方↓


マテ貝 採り方を達人が伝授ww そのポイントは・・・

 

潮干狩り中は裸足でも良いけどそこら辺に転がってる貝殻の破片とか怖いので履物を別に用意しておこう

 

 

日焼けなんてのは薄い長袖して帽子でも被っときゃ問題ない

 

貝の持ち帰り方法

 

車で行くならクーラーバッグ、歩きで厳しいなら大きめのリュックを用意する

 

例えば車でファミリーで行く場合、海までの距離をかなり重たいクーラーバックを誰かが運ぶ羽目になるのでこんな感じのキャスター付きだと楽になる

 

 

そこに貝を炎天下にさらさない為の保冷剤や水漏れしないビニール袋など複数用意

 

電車通いのおいらは貝をネットに入れたまま直でビニールに入れて結び、それをもう一枚の保冷剤の入ったビニールで包んでる

 

保冷さえしておけば水なしでも持ち運びの数時間位は平気で生きてる

 

余裕があれば空のペットボトルを持参して砂抜き用の海水を汲んでくのもあり

 

ソロで潮干狩りに行くメリット

 

だいぶ考えたけど自分探しみたいな?

 

細かい事気にせずマイペースでやめれるのは良い

 

正直土日なんてのはファミリーに囲まれて寂しいので防水加工なしのワイヤレスイヤホンをヒヤヒヤしながら付けてハライチのトーク聞いてた

葛西臨海公園での潮干狩りとは

 

潮干狩りの場所は園内の入り口から橋を渡った西なぎさにある

 

宝探しの様な

潮干狩りと言えばアサリだのハマグリだの想像すると思う

 

一つ良いポイントを見つければザクザクと

 

なんていかない

 

掘り出されるのはバカ貝、バカ貝、またバカ貝(一応、高級な貝だよ)

 

しかもこいつら群れないの?ってくらい一つ取ったらそれ以上はなくて場所移動って感じ

 

貝の味とか分かんないし美味いから別に良いか😋

 

成果は

 

8個

 

取れそうにないマテ貝を早急に諦めた後、久しぶりの労働に思いの外怠さを感じ1時間程でリタイア

 

ガキの頃は時間足りなくて押し寄せる波を睨んでたっけな

 

精神力弱すぎワロタw

 

自分のペースで切り上げられる気楽さは一人の時良いよねって感じた

 

二センチ以下の小さいのは何個かリリースしたけど基本的にどれも3センチはありそうで大きかった

 

全部バカ貝かな?

 

一個だけ五センチ程の分厚くてデカいのがいたけどこいつはハマグリか?

 

実食

 

余りにも数が少ないので砂抜きが気怠く感じる

 

貝の頭が少し出るくらいに3%ほど食塩水入れて数時間放置

 

一番デカい例のハマグリ疑惑に限って反応が見られないのが残念だがお楽しみの処刑タイム

 

料理すらしんどくてフライパンで10分ほど火炙りにして醤油をかけるだけの簡単な調理

 

かわいそう

 

全部開いた 良かった

 

味は悪くない、火加減が分からずちょっとプリプリしてるのを感じたがハマグリもどき以外は砂抜きがうまく出来てた模様

 

そういえばスーパーに売ってる奴って生きてるよね

 

そう考えると新鮮な旨味っていう特別感はなさそうだが自分で取ったからかジューシーを感じた

 

結論

 

潮干狩り疲れたら景色楽しんで転がってるだけでも心地良いよ

 

東京付近とはいえ連休じゃない限りそこまで人いないから